【お知らせ】

New<2017年10月6日更新>

■ピーター・バラカンさん来廊

InterFMの音楽番組「Barakan Beat」10月1日の放送で、「秋山正仁展」(10月2日〜7日)をご紹介くださったパーソナリティのピーター・バラカンさんが、同5日、ギャラリイKに来場くださいました。
作家の秋山さんが演奏するギターの音色と絵画が渾然一体となる独特の展覧会を堪能くださり、しばし作家の秋山さんとルーツミュージック談義の花が咲きました。

(「Barakan Beat」ブログ http://www.interfm.co.jp/barakanbeat/blog/2017/10/01/19/32/

<2017年9月8日更新>

■「ことの葉と空と」展のご報告です

7月10日〜22日に開催いたしました、チャリティーはがき展「ことの葉と空と」は、ご好評のうちに2週間の会期を終えることができました。
作品の売り上げは¥103,000となりました。
全額を、8月4日に「こども夢ハウスおおつち」に寄付させていただきました。
以上ご報告いたします。
本展の成功にご助力いただきました、出品作家の皆様、並びに作品をご購入下さった皆様に、心より感謝申し上げます。

ギャラリイK

<2017年7月23日更新>

■企画展、ならびに関連イベントのお知らせです

東京現代美術画廊会議主催
「画廊からの発言・新世代への視点2017 西村卓展 ーここー」

7月24日(月)〜8月5日(土) 日曜休み
11:30〜19:00 最終日〜17:00

「新世代への視点」は、銀座、京橋を中心とする10軒の現代美術画廊の共催により、各画廊がセレクトした若手作家の個展を同時開催する恒例の企画です。
今回ギャラリイKが紹介する作家、西村卓は、多様で膨大な断片が互いの関係の力学によって離合集散を繰り返しながら、不確かで混沌とした全体を生み出していく造形に取り組んでします。それは、個々に切り離されながらもお互いを必要とし、果てしなく広がりながらも、すべてが繋がっている人間社会の関係性に対する複雑な感情と未来への希望を表現しています。


<新世代オーディエンス賞 2017>
今回より観客が選ぶベストアーティスト[新世代オーディエンス賞]を始めました。
10画廊の中から好きなアーティストを選んで応募していただくと、最多得票のアーティストに投票して頂いた方の中から抽選で1名様に、該当アーティストの作品 (5万円相当)をプレゼントいたします。


<アートフルに迫ろう!高校生が行くギャラリーツアー>
高校生を対象に10画廊すべてを巡るツアーです。(参加無料)
コンダクター:遠山香苗(美術家)
日時:2017年7月31日(月)1:00pm〜5:00pm(予定)
予約受付:ギャラリー川船(e-mail:kawafune@diamond.broba.cc TEL:03-3245-8600)


<スタンプラリー特典>
(1)上記<新世代オーディエンス賞 2017>への応募ができます
(2)参加10画廊のスタンプを応募用紙に全部捺印した方には、「新世代への視点」の期間に購入された作品に限り、購入代金10%を割引させて頂きます。


★イベント参加方法、本企画の詳細は以下の「新世代への視点」公式サイトをご覧下さい。
http://www.galleryq.info/news/news_newgeneration2017.html

<2017年7月8日更新>

■7月10日(月)〜22日(土) チャリティー・ことばのはがき展 「ことの葉と空と」

この展覧会は、ギャラリイKから送られた往復葉書に、作家が絵を描いて返信するという形で出品します。それぞれの絵には共通のテーマとして漢字の「空」がどこかに描かれています。

7月6日現在、以下の作家の方々から、作品をお寄せいただいております。(敬称略)

相原慶樹、赤池千怜、荒井伸佳、安ちか子、飯島千恵、石川美咲、石川雷太、市川真也、伊東直昭、稲垣真幸、乾久子、岩崎なな、植草夏海、植田千晶、上野悠河、内山翔二郎、内海信彦、ウラサキミキオ、越後しの、大久保貴裕、大島愛、大矢享、岡島飛鳥、小河泰帆、小野サボコ、オノ・ヨシヒロ、小野木亜美、加治佐郁代子、加藤崇、神山奈穂、川口透、河辺栄一、川村雅之、川村智美、菅野泰史、菊池奈緒、金大仲、窪田健一、古賀飛、鯉沼絵里子、小島昇、小林花子、こばやしゆうさく、小山一馬、坂内美和子、佐々木薫、佐々木和良、佐立るり子、佐藤光勇、さとう陽子、三五茜、鹿野裕介、四條朋恵、新直子、菅谷扶美雄、須永祥雍、銭谷耕大、木雛、高木洋介、高島大理、滝清子、武弓真実、武内カズノリ、武田歩、知久彗来、津野元子、趙赫洙、富岡知子、長谷圭佑、なかむらまゆ、名越晴香、那須由希子、新原浩徳、西尾周平、西村卓、西村のんき、野村俊幸、羽毛田信一郎、萩小田大我、はせがわじん、畑泰哉、林信男、平松裕美、弘田一成、深尾尚子、福井拓洋、福田美香、古橋佳代、蓬生ゆり、細谷俊一郎、本田和博、本間洋、万城目純、松井雅世、松岡博子、松本久恵、松山雄太、宮川未都子、宮下大輝、元井陽子、森伽原、森下聖大、守屋行彬、守屋ひろみ、山口卓巳、山本圭太、横谷研二、寄木幸治、寄木信子

作家の皆様には心より御礼申し上げます。
ご協力有り難うございます。

展覧会では各作品を¥1,000で販売し、売上の全額を下記の活動に寄付させていただきます。

「子ども夢ハウスおおつち」
https://otsuchi-dream.jimdo.com
岩手県上閉伊郡大槌町大槌15-95-68

「子ども夢ハウスおおつち」は東日本大震災で家族を亡くした子どもたちの居場所として運営され、また、純粋な子どもの遊び場としても開放されています。屋外の遊び場づくりや学習塾の開設などを進めています。



皆様のご来場をお待ちしております。

ギャラリイK

<2016年12月25更新>

■年末年始のお知らせ

皆様、今年も一年お世話になりました。
ギャラリイK、2016年の展示は、「中津川浩章展」12月19日〜28日(水) が最後となります。
12月29日〜1月8日はお休みいたします。
新年は1月9日(月)から、恒例のグループ展「日本コラージュ」でスタートします。
2017年も、どうぞよろしくお願いいたします。

ギャラリイK

<2016年12月14更新>

■「表現される現在 ゼロイスト ええじゃないか」(12月12日〜17日)関連イベントのお知らせです。

★ 講演
千石英世「引力は水平する」
12月16日(金)18:00〜20:00
ギャラリイKにて 聴講無料

昭和初期から2001年に他界するまで抽象芸術のパイオニアであり続けた美術作家、斎藤義重が長年にわたって書き綴った日記、雑記、そして小説「無十」を編纂した記録集『齋藤義重「無十」』が先日、水声社より出版されました。
その編者であり、かつて東京芸術専門学校(TSA)において校長・齋藤義重の元で講師を勤めた文芸評論家の千石英世氏(せんごくひでよ 京都産業大学客員教授、立教大学名誉教授)が、独自の視点による新たな「齋藤義重論」を語ります。



■「中津川浩章展」(12月19日〜28日)関連イベントのお知らせです。

★ ギャラリー・トーク
ゲスト:仲野泰生
12月19日(月)17:00〜19:00
ギャラリイKにて 参加無料

「記憶・痕跡・欠損」をテーマに、ブルーバイオレットの線描を主体としたドローイング・ペインティングで独自の表現世界を切り開いてきた作家・中津川浩章と、その画業を初期から見守ってきた元川崎市岡本太郎美術館学芸員の仲野泰生氏(なかのやすお インディペンデント・キュレーター)が、今回の作品を巡って熱く語り合います。
お二人は岡本太郎美術館「岡本太郎とアールブリュット」展(2014)を共同でキュレーションをするなどの交流もあり、仲野氏は本展のカタログに、中津川作品への論考を寄せています。

<2016年6月15更新>

■ 企画展、ならびに関連イベントのお知らせです

東京現代美術画廊会議主催
「画廊からの発言 ・ 新世代への視点2016 内山翔二郎展」

7月25日(月)〜8月6日(土) 日曜休み
11:30〜19:00 最終日〜17:00

銀座、京橋を中心とする13の現代美術画廊共催で毎年開催する「新世代への視点」では、各画廊がセレクトした若手作家の個展を開催。また期間内にギャラリーツアーも催します。

今回ギャラリイKが紹介する作家、内山翔二郎は鉄を素材として用い、生物を題材とした立体造形にとりくんでいます。
緻密な観察で生き物の構造を読み取り、様々な部分の集合体として再構成していく手法は、機械論的な世界観を彷彿とさせますが、一方では逆説的に生命そのものとは何かという永遠の謎を私たちに問いかけます。
そしてその問いは、美術の歴史の中で数知れぬ彫刻家たちが志向し続けて来た<彫刻の中に「生命」を吹き込む>という飽くなき挑戦へと、内山を導いています。
環境との境界を外殻によって守り、閉じた形態を維持しようとする昆虫などの造形から、最近作では大気と光、水や土にむかって自らを開いていく植物の姿へと内山の探求は広がりつつあります。



★ 『アーティストと行く「新世代への視点2016」ギャラリー・ツアー』

(1)7月29日(金)13:00〜17:00
  「巡る・楽しむ・現代美術」コンダクター: 中山ダイスケ
   ギャラリイKを含む、7画廊を廻ります。
   お問い合わせ/ご予約受付:FUMA Contemporary Tokyo | 文京アート bunkyo-art@wind.ocn.ne.jp

(2)7月30日(土)13:00〜17:00
  「アートフルに迫ろう!高校生が行くギャラリーツアー」コンダクター:遠山香苗
   高校生対象です。(ギャラリイKは含まれません)
   お問い合わせ/ご予約受付:ギャラリー川船 kawafune@diamond.broba.cc

★ 詳細は以下の「新世代への視点」公式サイトをご覧下さい。
http://galleryq.info/news/news_newgeneration2016.html

<2016年4月18更新>

■「内海信彦展」(4月25日〜5月7日)関連イベントのお知らせです。

★ 対談:池田龍雄 + 内海信彦
「芸術家に求められる歴史性と思想性
 再び戦争に向かう日本国家と権力に加担する美術界に抗して」

4月28日(木)17:00〜19:00
一般¥1,000 学生¥700 高校生/予備校生¥500
定員50名 要予約・ギャラリイKまで

「池田龍雄先生には1996年以来、10回を超える対談などお願いして、若い方たちに戦争体験や戦後の革命運動と美術運動との関係をお話しいただいてきました。今日の日本が急速に戦時体制化を進めるなかで、池田先生に再び対談をお願いし、美術が戦争に向かう国家に加担する状況が生まれてきていることへの批判を中心にお話ししていきたいと思います。」(2016年4月 内海信彦)

<2015年12月14更新>

■年末年始のお知らせ

皆様、今年も一年お世話になりました。
ギャラリイK、2015年の展示は、「植田千晶 "2015"」(12月21日〜26日)が最後となります。

12月27日〜1月10日はお休みいたします。

新年は1月11日から、恒例のグループ展「日本コラージュ」でスタートします。
2016年も、どうぞよろしくお願いいたします。

ギャラリイK

<2015年6月14更新>

■企画展、ならびに関連イベントのお知らせです

東京現代美術画廊会議主催
「画廊からの発言 ・ 新世代への視点2015 福井拓洋展 【ボイド】」

7月20日(月)〜8月1日(土) 日曜休み
11:30〜19:00 最終日〜17:00

銀座、京橋を中心とする12の現代美術画廊共催で毎年開催する「新世代への視点」では、各画廊がセレクトした若手作家の個展を開催。また期間内にギャラリーツアーも催します。

今回ギャラリイKが紹介する作家、福井拓洋の造形の美しさは「用」の美です。しかしその「用」は何ら目的も実用性もない架空の「用」であり、私たちの現実生活を成り立たせている「実用」に対して「虚用」とでも言うべきもの、つまり現実社会における様々な「デザイン」とパラレルに展開される、非現実世界の「虚のデザイン」なのです。そのようにして福井はものをかたちづくるという人間の「身振り」を純粋に抽出し、私たちの社会に溢れるものの「形」とは何か、「美」とは何かを問い直しています。最近作では物の「形」と同時に、それが存在している「場所」についても、虚と実を交錯させ、さらに複雑な意味を孕んだ作品となっています。



★ 『アーティストと行く 新世代への視点2015 ギャラリー・ツアー』

(1)7月21日(火)13:00〜17:00
  「作品と関わるツアー」コンダクター:開発好明
   お問い合わせ/ご予約受付:FUMA Contemporary Tokyo|文京アート
   bunkyo-art@wind.ocn.ne.jp 03-6280-3717

(2)7月25日(土)13:00〜17:00
  「アートフルに迫ろう!高校生が行くギャラリーツアー」コンダクター:遠山香苗
   お問い合わせ/ご予約受付:ギャラリー川船
   kawafune@diamond.broba.cc 03-3245-8600

★ 詳細は以下の「新世代への視点」公式サイトをご覧下さい。
http://www.galleryq.info/news/news_newgeneration2015.html

<2015年4月19更新>

■「内海信彦展」(4月27日〜5月9日)関連イベントのお知らせです

★ 対談:内海信彦・毛利嘉孝
「全体主義化する日本と戦争画に向かうコンテンポラリーアート」

5月2日(土)14:00〜17:00
一般¥1,000 学生¥700 高校生¥500
定員50名 要予約(ギャラリイK 03-3563-4578 まで)

毛利嘉孝(もうりよしたか)
1963年生まれ。東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科准教授。専門は社会学・文化研究。京都大学経済学部卒業、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジPh.D. (社会学)、九州大学助手、助教授を経て現職。音楽・美術など現代文化やメディ ア、都市文化と社会運動を中心に研究と批評、実践活動を行っている。2007北九州国際ビエンナーレ・ディレクター
著書
『文化=政治 グローバリゼーション時代の空間叛乱』(月曜社, 2003年)
『ポピュラー音楽と資本主義』(せりか書房, 2007年)
『はじめてのDiY 何でもお金で買えると思うなよ!』(ブルース・インターアクションズ, 2008年)
『ストリートの思想 転換期としての1990年代』(日本放送出版協会 NHK ブックス 2009年)

<2014年12月21日更新>

■年末年始のお知らせ

皆様、今年も一年お世話になりました。
ギャラリイK、2014年の展示は、「黒岩綾子個展 融解点」(12月15日〜20日)が最後となります。

12月21日〜1月11日はお休みいたします。

新年は1月12日から、恒例のグループ展「日本コラージュ」でスタートします。
2015年も、どうぞよろしくお願いいたします。

ギャラリイK

<2014年8月5日更新>

★ 夏休みのお知らせ
8月10日(日)〜17日(日)
ギャラリイKはお休みです。

<2014年6月29日更新>

■ 企画展、ならびに関連イベントのお知らせです

東京現代美術画廊会議主催
「画廊からの発言 ・ 新世代への視点2014 深尾尚子展」

7月21日(月)〜8月2日(土) 日曜休み
11:30〜19:00 最終日〜17:00

銀座、京橋を中心とする12の現代美術画廊共催で毎年開催する「新世代への視点」では、各画廊がセレクトした若手作家の個展を開催。また期間内にギャラリーツアーも催します。

今回ギャラリイKで紹介する作家は、深尾尚子。誰でも持っている欲求であり、時代や社会によって千変万化する「食」という文化と、昨今過剰なまでに流行するもうひとつの現代文化「動物愛玩」、その二つの現れを独特の視点と感覚により造形的に融合させます。「おいしさ」と「かわいさ」のイメージをまとって市場に氾濫する食品、食材、そして動物たち。なにがニセモノで何がホンモノなのか?。虚実入り乱れる私たちの日常感覚の危うさを浮かび上がらせています。

★ 『アーティストと行く 新世代への視点2014 ギャラリー・ツアー』

【グループ 1】
 <ツアー・コンダクター>
  冨井大裕( 「新世代への視点2006」ギャラリー現出品作家)
 <日時>
  2014年8月2日(土) 1:00pm〜5:00pm
 <集合場所>
  ギャルリー東京ユマニテ(地下2階、廊下つきあたり左側)
 <集合時間>
  12:45 pm
 <コース>
  ギャルリー東京ユマニテ → ギャラリイK→ ギャラリーQ → ギャラリー現→ コバヤシ画廊 → ギャラリー58
 <募集人数>
  15名程度(参加無料)
 ※ご予約・お問い合わせ: ギャラリー現(E-mail:info@g-gen.main.jp TEL:03-3561-6869)

【グループ 2】
 <ツアー・コンダクター>
  大巻伸嗣(「新世代への視点2001」ギャラリイ K出品作家)
 <日時>
  2014年8月2日(土) 1:00pm〜6:00pm
 <集合場所>
  なびす画廊
 <集合時間>
  12:45 pm
 <コース>
  なびす画廊 → 藍画廊 → GALERIE SOL → ギャラリーなつか → ギャラリー川船 → gallery 21yo-j(自由が丘)
 <募集人数>
  15名程度(参加無料)
 ※ご予約・お問い合わせ: ギャラリイK(E-mail:galleryk@nifty.com TEL:03-3563-4578)

★ 詳細は以下の「新世代への視点」公式サイトをご覧下さい。
http://www.galleryq.info/news/news_newgeneration2014.html

<2014年4月20日更新>

■「ファンタスマゴリア」(5月5日〜10日)関連イベントのお知らせです。

★「It's Show Time」
作・構成 守屋行彬 & ひろみ(狂言回し 葉緑素為吉)
様々な影絵物語が日替わりで上演されます。
ご家族・お子様連れ大歓迎、入場無料です。
5日(月) 15:00〜16:00「Dear Kids 1 / 蟲図鑑」
6日(火) 15:00〜16:00「Dear Kids 2 / 蟲図鑑」
7日(水) 18:00〜19:00「Love 1 / もっか婚活中です」
8日(木) 18:00〜19:00「Love 2 / もっか婚活中です」
9日(金) 18:00〜19:00「Atomic series / アトムのチカラ」
10日(土) 15:00〜16:00「Atomic series / アトムの木」

<2013年12月24日更新>

■年末年始のお知らせ

皆様、今年も一年お世話になりました。
ギャラリイK2013年の展示は「吉田理沙展 虚空を旋回する」が最後となります。
(12月16日〜24日火曜まで。日曜休み。土曜と最終日は午後5時終了)
12月25日〜1月12日はお休みいたします。

新年は1月13日から、恒例のグループ展「日本コラージュ」でスタートします。
2014年も、どうぞよろしくお願いいたします。

ギャラリイK

<2013年10月29日更新>

■お詫びと訂正

2013年 11月4日(月)〜9日(土)開催の「松島智里展」のご案内はがきに、誤記がありました。
会期が「2014年」となっておりましたが、ただしくは「2013年」です。
大変失礼いたしました。
郵送にて同はがきをお受け取りになった方、ならびに画廊にてお持ち帰りになった方に、お詫び申し上げますとともに、訂正させていただきます。
ギャラリイK

<2013年10月20日更新>

■「表現される現在2013」(2013年 10月21日〜11月2日)関連イベントのお知らせです。

★ トーク & パーティー
10月26日(土) 15:00〜18:00
  ギャラリイKにて 参加無料
ゲスト:田崎英明(現代思想 立教大学教授)
<現在は何故表現されなければならないのか。ただ生きられるだけではだめなのか。それは、「現在」が、決して、単なる「点としてのいま」ではありえないからである。単に過ぎ去るだけの「点的いま」は、現在という時間性を充分には汲み尽くせない。それでは、翻って、表現は現在に対して何をするのだろうか。何を付け加えるのだろうか。>(本展カタログへの寄稿文より)・・・すべてのものが「商品」として生き延びることを宿命づけられたかに見える現在において、私たちは「表現」にどのよう希望を見出すことができるのか? 現代思想研究者の田崎英明氏を迎えてのトークです。あわせてパーティーもお楽しみください。

<2013年9月28日更新>

■コラム集・更新のお知らせです。

columnsのページに「加藤絵美 三五茜 メモリー」展(2013年 7月8日〜13日)の展評を掲載しました。

<2013年9月24日更新>

■「カラマンゾクの審問」(2013年 9月23日〜28日)関連イベントのお知らせです。

★対談

毛利嘉孝氏(社会学者・東京大藝術大学准教授)
内海信彦氏(画家)

9月26日(木)19:00〜21:00
一般¥1,000 学生¥700 高校生¥500
要予約:ギャラリイKまで(03-3563-4578)

<2013年9月12日更新>

■「青野文昭展」(2013年 9月9日〜21日)関連イベントのお知らせです。

★トーク・イベント

9月20日(金)19:00〜21:00 ギャラリイKにて 参加無料
ゲスト:福住 廉氏(美術評論家)

欠損し捨てられたものを「なおす」という行為によって、美術における「つくる」ことの意味を問い続けてきた青野文昭氏。あの大震災という出来事を経て、その作品はどのような展開を遂げたのか。芸術と芸術ならざるもの狭間に起きる出来事を探り出し、そこにコミットしつつ批評する福住廉氏を招いての対話です。


★青野文昭は、現在開催中の「あいちトリエンナーレ」にも出品しています。

「あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地 ― われわれはどこに立っているのか : 場所、記憶、そして復活」
会期 2013年 8月10日〜10月27日
青野文昭展示会場:愛知芸術文化センター

<2013年6月9日更新>

■「腿テント第三回公演」(6月10日〜15日)関連イベントのお知らせです。

★ 講演:「座長・内海信彦・毒演会」
6月13日(木)  18:00〜20:00 ギャラリイKにて
一般¥700 学生・高校生¥500
定員50名 要予約(ギャラリイK 03-3563-4578 galleryk@nifty.com)

「われわれは身体性なき情報空間で現前しては消滅する刹那的な表現を遺棄し、生命の躍動に胚胎した芸術の原初的なルーツから研鑽を積むことで自身の思想表現に再挑戦する・・・」
画家、内海信彦率いる表現集団「腿テント」。第三回公演を迎えた今回、座長自ら、あらゆる旧システムの崩壊しつつある現代世界における表現の革新を、熱く語ります。


■「内海信彦展」(6月17日〜29日)関連イベントのお知らせです。

★ 対談:「現代日本社会の格闘と解放の思想 画家・内海信彦、国際政治学者・五野井郁夫さんと語る」
6月20日(木)  17:00〜19:00 ギャラリイKにて
一般¥1,000 学生¥700 予備校生・高校生¥500
定員50名 要予約(ギャラリイK 03-3563-4578 まで)

五野井郁夫(ごのいいくお)
高千穂大学経営学部准教授、国際基督教大学社会科学研究所研究員。
専門は政治学・国際関係論。おもに民主主義論を研究。
著書:『「デモ」とは何か?変貌する直接民主主義』(NHKブックス)など
朝日新聞「WEB RONZA」執筆
1979年、東京都生まれ

<2013年1月28日更新>

1月28日(月)〜2月9日(土)に個展開催の、内山翔二郎が「第16回岡本太郎現代芸術賞展」に入選しました。
川崎市岡本太郎美術館での展覧会は、2月9日〜4月7日です。
詳細 → http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html
ギャラリイKでの個展とあわせて、ぜひご覧下さい。

<2012年12月22日更新>

<年末年始のお知らせ>

皆様、今年も一年お世話になりました。 ギャラリイK2012年の展示は、ただいま開催中の「相原慶樹展」が最後となります。
(〜24日月曜まで 22・23・24日は午後5時終了です)

12月25日〜1月6日はお休みいたします。
新年は1月7日から「日本コラージュ」展でスタートします。

2013年も、どうぞよろしくお願いいたします。

<2012年10月10日更新>

★展評のご紹介です。

美術批評家、福住廉(ふくずみれん)氏によるギャラリイK展覧会のレヴューがアート情報サイト「ARTSCAPE」にて掲載されています。
以下の二つの展覧会です。
ぜひ、ご覧下さい。

2012年 4月2日〜7日 「ウラサキミキオ展」
http://artscape.jp/report/review/author/1197768_1838,1,list1,11.html

2012年 4月9日〜14日 「小野サボコ展」
http://artscape.jp/report/review/author/1197768_1838,1,list1,10.html

<2012年9月6日更新>

「光島貴之展 触っておもしろいものは見たらおもしろくない、かもしれない」(開催中 2012年 8月27日〜9月8日)が、 毎日新聞で紹介されました。
ぜひお読み下さい。 →新聞記事

<2012年8月26日更新>

「光島貴之展」 (8月27日〜9月8日)
関連イベントのお知らせです

「対談 光島貴之 & 中津川浩章」

9月1日(土)15:00〜17:00
ギャラリイK「光島貴之展」会場にて
参加無料、定員50名、要予約(03-3563-4578 galleryk@nifty.com)

今回の個展で「触っておもしろいものは見たらおもしろくない、かもしれない 」という題名のもとに、視力を用いない「触覚世 界」の表現を展開する光島貴之(みつしまたかゆき)さん。
その作品を初期から観てきた、美術作家・アートディレクターである中津川浩章(なかつがわひろあき)さんは、1990年代からギャラリイKをはじめ国内外で数多くの発表を続け、また近現代の美術史やアウ トサイダーアートにも造詣が深く、福祉施設でのアートディレクション、講演、ワークショップなど、多彩な活動をされています。
お二人が繰り広げる、アートの本質に迫るスリリングな対話をにぜひご期待下さい。

<2012年7月22日更新>

企画展、ならびに関連イベントのお知らせです

東京現代美術画廊会議主催
「画廊からの発言 ・ 新世代への視点2012 劉 賢 展」

7月23日(月)〜8月4日(土) 日曜休み
11:30〜19:00 金曜日〜20:00 最終日〜17:00
銀座、京橋を中心とする12の現代美術画廊共催で毎年開催する「新世代への視点」では、各画廊がセレクトした若手作家の個展を開催。また期間内にコンサート、ギャラリーツアーも催します。
ギャラリイKで紹介する作家は、韓国出身の劉賢(ユヒョン)。デジタル処理された写真画像を切り紙の手法で加工し、その背景に水墨による抽象画面が置かれた二層構造になっています。ハリウッドスターの華やかな姿が背景の東洋的な墨の流れによって浮かび上がるという、対極的な要素の出会いの新鮮さ。物理的なしくみによる視覚融合の鮮やかさ、そして手わざの正確さなど、様々な驚きを感じさせる優れた作品です。



【 新世代への視点・関連イベント】

★ コンサート 7月27日(金)

(1)15:00〜 ギャラリー現にて
   ヴァイオリン・ソロ 木村友紀
(2)17:00〜 なびす画廊にて
   ヴィオラ・ソロ 中村紀代子
   ヴィオラ/ヴァイオリン・デュエット 中村紀代子/栗原尚子
(3)19:00〜 コバヤシ画廊にて
   ヴァイオリン・ソロ 栗原尚子
   ヴィオラ/ヴァイオリン・デュエット 中村紀代子/栗原尚子


★ 『福住廉氏と行くギャラリー・ツアー』

7 月28 日(土)
集合場所:ギャラリーなつか
集合時間:12:50pm 時間;1:00pm〜4:00pm

美術評論家の福住 廉さんがガイドいたします。
ふくずみ れん 1975 年 東京都生まれ 現東京藝術大学大学院非常勤講師など。
2003 年に「alternative reality ストリート・アマチュア・クリティカル」で「美術手帖」芸術評論佳作。
「artscape」「共同通信」などに寄稿する一方、連続企画展「21 世紀の限界芸術論」(ギャラリーマキ・東京)などを企画。
著書:『今日の限界芸術』

ツアー・コース
ギャラリーなつか → 藍画廊 → なびす画廊→ ギャラリー川船 → ギャルリー東京ユマニテ → ギャラリイK → ギャラリーQ → ギャラリー現→ コバヤシ画廊 → ギャラリー58 → GALERIE SOL →日比谷線 銀座駅〜東横線自由が丘駅  gallery 21yo-j
(自由が丘にて解散)

募集人数は25 名まで。
当画廊にてお申し込み下さい。(03-3563-4578 galleryk@nifty.com)

<2012年5月1日更新>

ゴールデンウィーク休廊のお知らせ

4月29日(日)〜 5月6日(日)、ギャラリイKはお休みいたします。
5月7日(月)〜12日(土)「大久保貴裕・高木洋介 二人展」より通常営業いたします。

<2011年12月18日更新>

加藤 崇 さん 「前橋アートコンペライヴ2011」<秋元雄史賞>を受賞

「新世代への視点2009」をはじめ、ギャラリイKで発表している作家の加藤 崇さんが、
「前橋アートコンペライヴ2011」(主催:前橋市等)において、
審査員特別賞 <秋元雄史賞>(金沢21世紀美術館館長)を受賞しました。
受賞作は、来年1月6日まで、前橋市役所IFロビーにて展示されます。

受賞作品 「洗濯物」 2011 写真
katou

<2011年6月20日更新>

企画展、ならびに関連イベントのお知らせです

東京現代美術画廊会議主催
画廊からの発言 ・ 新世代への視点2011
「稲垣真幸展 - 他人の旅 -」 (scheduleのページへ)

7月25日(月)〜8月6日(土) 日曜休み
11:30〜19:00 最終日のみ〜17:00

銀座、京橋の11の現代美術画廊共催で毎年開催する「新世代への視点」では、各画廊がセレクトした若手作家の個展を開催。また期間内にシンポジウム、小品展、コンサートも催します。
ギャラリイKで紹介する作家は、稲垣真幸(いながきまさゆき)。日々の生活で触れる事物や旅の途中に広がる光景を、繊細で瑞々しい色彩、生命感あふれる形態、そして自然に醸し出されるユーモアをも交えながら、キャンバスに描き続けています。



【関連イベント】

★シンポジウム
「3・11以後のアートとアトム」
<パネリスト> 
岡村幸宣(丸木美術館学芸員)
沢山遼(美術批評家)
石黒敦彦(“来るべき芸術”のためのワークショップ代表、武蔵野美術大学 造形学部芸術文化学科 非常勤講師)
<企画>
スチューデント・キュレーターズ
原田裕規、鈴木廉、和田怜子(武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科)
● 7月30日 (土) 15:00〜18:00
会場:銀座会議室2F(東京都中央区銀座3-7-10)
定員120名
予約受付:contact@galleryq.info
03-3567-8777(藍画廊)

★ コンサート
「弦楽二重奏 モーツァルト作曲ト長調」
木村友紀(ヴァイオリン)
桐朋学園大学音楽学部研究科、ハンブルク国立音楽演劇大学修士課程修了。第8回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール入選。ハンブルク・エリゼマイヤーコンクール1位入賞。現在ミュンスター市立歌劇場オーケストラ1.Violine奏者。
松崎敦子(ヴィオラ)
東京芸術大学音楽学部、ベルリン芸術大学卒業。第11回国際ブラームスコンクールヴィオラ部門セミファイナリスト。現在キール市立歌劇場オーケストラで副首席奏者。
●8月5日 (金) 17:00〜
会場:ギャラリイK
お問い合わせ 03-3563-4578 galleryk@nifty.com

★ 小品展
「画廊からの発言 '11 - チャリティーオークション」
※ 売り上げの一部を「東日本大震災 芸術・文化による復興支援ファンド」に寄付させていただきます。
●7月25日(月)〜8月6日(土) 日曜休み
11:30〜19:00 最終日〜17:00(入札締め切り14:00)
会場:ギャラリーなつかb.p
東京都中央区銀座5-8-17 GINZA PLAZA58 8F 03-3571-0130

<2011年5月7日更新>

内海信彦展、ならびに関連イベントのお知らせです

内海信彦・1985-2011・27周年記念展

5月9日(月)〜21日(土) 日曜休み 11:30〜19:00
14日(土)〜17:00
21日(土) 展覧会〜13:00/13:00〜17:00イベント

画家、内海信彦は1985年から2011年までにハーヴァード大学・ペルー国立博物館・ポーランド国立美術館など国内外で67回の個展を行いました。今回のギャラリイK展では、その全貌が建築模型と映像で再現され、あわせてアウシュヴィッツ・マイダネクなどで行った「犠牲者のためのレクイエム」の様子も復元されます。そして最終日には同展会場で「3.11後の日本と芸術」をテーマに、明治学院大学教授の原武史さん、ニューヨーク在住の投資銀行家の神谷秀樹さんとの鼎談、あわせてジャズピアニストの大崎龍治氏によるライヴ演奏が行われます。

【関連イベント】

5月21日 (土) 13:00〜17:00
一般¥1,500 学生¥1,000 高校生¥800 定員50名 要予約

★ 鼎談「3・11後の日本と芸術」
原 武史 / 神谷秀樹 / 内海信彦
★ Improvisational Live
大崎龍治 Jazz pianist

● 原 武史 はらたけし
明治学院大学教授 日本政治思想史
「大正天皇」 「『民都』大阪対『帝都』東京」 「『鉄学』概論」 他
● 神谷秀樹 みたにひでき
投資銀行家 ロバーツ・ミタニLLC代表
「さらば強欲資本主義」 「強欲資本主義を超えて - 17歳からのルネサンス」 他
● 内海信彦 うつみのぶひこ
美術作家 国内外で67回の個展
アウシュビッツ等でライヴペインティング多数
東京大学、早稲田大学等で講演

<2011年4月7日更新>

長谷川健司展「五万年の孤独を孕ませろ」特別企画 (schedule)

内海信彦 緊急レクチャー
「福島核災害と私たち・今の状況をどうとらえるか」

2011年 4月9日(土)
ギャラリイKにて 開場12:30 開始13:00
*入場無料*

○講師プロフィール
うつみ のぶひこ 1953年東京生まれ。
1974年慶應義塾大学法学部中退。1975年美学校油彩画工房終了。1981年多摩美術大学絵画科卒業。
現在、ペルー国立美術学校名誉教授。ペルー国立教育大学客員教授。美学校教場教員。千葉商科大学講師。駿台予備学校講師。河合塾コスモ講師。

<2010年11月30日更新>

★ 年末企画展のお知らせ

チャリティー小品展
「 ART FOR TWO 」

12月13日(月)〜25日(土) ※19日(日)休み
11:30〜19:00(土曜日は17:00まで)

相原慶樹 秋山正仁 秋山理紗 荒井伸佳 井坂健一郎 伊佐治雄悟 市川真也 稲垣真幸 乾 久子 岩崎なな 牛田美希 内海信彦 内山翔二郎 ウラサキミキオ 荻野美穂子 小河泰帆 小野養豚ん 皆藤 将 マドハット・カケイ 瘡原 亘 加藤 崇 川俣知子 窪田健一 窪田俊三 H.K 小池唯徳 古賀 飛 五味良徳 小山一馬 佐々木和良 佐々木 諒 さとう陽子 澤口智一 四條朋恵 柴田芳作 ジョン・ドウ 須永祥雍 高木 彩 高倉吉規 高島大理 高山雅克 武田 歩 建畠朔弥 田中裕佳子 角田 啓 中津川浩章 仲野泰生 那須由希子 西村のんき 羽毛田信一郎 長谷川健司 早川桃代 林 信男 弘田一成 深尾尚子 古橋佳代 福村君雄 本田和博 本間 洋 松岡博子 松山広視 村松法尊 守屋行彬 門田秀雄 山田康貴 弓良麻由子 吉澤 正 寄木幸治 渡邊美貴 和野哲也

この展覧会は、アートを「 for two 」=「分かち合う」チャリティー小品展です。
70人の作家の方々に共通の小さな額をご提供して、出品していただきます。

価格は 全作品 ¥3,500 です。

今年もまもなくクリスマスをむかえます。
作者とお客様、そしてまだ見ぬ誰かとも、アートの価値を分かち合いましょう。
寄付金は、NPO法人「ワールド・ビジョン・ジャパン」*を通じて、世界の貧困に苦しむ子どもたちの支援に当てます。

*「ワールド・ビジョン・ジャパン」の活動については以下をご覧ください。
http://www.worldvision.jp

<2010年9月5日更新>

美学校内海信彦絵画表現研究室2010年度中間発表展・秋「腿テント旗揚げ公演」関連イベントのお知らせです。

1.「LIVE & TALK」 9月11日(土) 13:00〜16:30

(1)ライヴ(13:00〜13:30) 内田輝(ソプラノサックス)
(2)対談 (13:30〜16:30) 毛利嘉孝(社会学者)× 内海信彦(画家)

入場:一般: 1500円 学生: 1000円 高校生: 800円
定員:50名 要予約 03-3563-4578(ギャラリイKまで)
(お問合せ: 080-1151-3644 長谷川まで)


2.「S.W.A.P」 9月18日(土) 14:00〜16:30

腿テント特別公演 共演:P.A.N.A project(即興演奏)
入場無料(お問い合わせ:090-9346-0676 角田まで)

*詳細

<2010年8月26日更新>

訃報

美術作家の田中浩一氏が、8月22日、亡くなられました。
田中浩一(たなかこういち)さんは1955年生まれ。「ロックマガジン」の編集、執筆などの音楽評論、幻想文学、短歌、絵画、パフォーマンスと幅広い表現活動を続け、近年は"魔都トーキョー"とそこに生きる人々の姿をテーマに絵画制作に専念。2008年、2009年に続き、今年も亡くなられる前日まで、ギャラリイKで個展を開催されていました。

心よりご冥福をお祈りします。

※ 遺作となった今年の展示作品から
「魔都を召し上がれ」2010年 キャンバスにアクリル 193×270cm (画像)

※ 宮田徹也氏による、2008年個展の論評 → コラムページの<田中浩一展 −魔都− 2008年8月18日〜23日>へ

<2010年8月1日更新>

「田中浩一展 ザムザ・シンドローム」 8月16日(月)〜21日(土) 
関連イベントのお知らせ

★ 音楽ライヴのお知らせ
" wednesday_eve "

田中浩一個展「ザムザ・シンドローム」にて
8月21日(土) 午後4時〜5時
入場無料

wednesday_eve は、あろい(ボーカル)フミヒコ(CDJ)、塩崎 格(ギター)、 前田憲芳(CDJ,ミキサー)、松本亀吉(ドラムス)の5人からなる、歪曲テク ノ・ポップのグループ。サイケデリックにして、エロ・グロ・ナンセンス、B級 キッチュなその世界は、人畜無害な消毒済みミュージックが溢れるトーキョウ に、人工着色料びっしりの最新音楽毒を振りまくでしょう。乞うご期待!

<2010年8月1日更新>

★ 夏休みのお知らせ
8月8日(日)〜15日(日) ギャラリイKはお休みです。

<2010年3月12日更新>

内海信彦展、ならびにイベント開催のお知らせです

★内海信彦展 「 Innerscape series 2010 」

  • 2010年 4月5日(月)〜17日(土)
  • 11日(日)休み 11:30〜19:00
  • 10日(土)は17:00まで
  • 17日(土)は展覧会は13:00まで/有料ライヴイベント 13:00〜17:00

★関連イベント

対談:「東大に芸術学部がないのは、なぜ?」
御厨貴(みくりやたかし 東京大学教授 政治学 者) + 内海信彦(うつみのぶひこ 美術作家)

演奏:内田 輝(ソプラノサックス) + かみむら泰 一(テナーサックス)

  • 4月17日(土) 13:00〜17:00 内海信彦展会場にて
  • 入場料:一般¥1,500 大学生 ¥1,000 高校生¥800
  • 定員50名
  • 要予約:ギャラリイKまで 03-3563-4578  galleryk@nifty.com
  • *詳細

<2010年1月5日更新>

2010年 1月11日〜3月13日
<ギャラリイK推薦作家展『知性の触覚2010それぞれの他者』>を開催します。

《関連企画》ギャラリイKトーク『2010それぞれの他者』を開催します。

  • パネリスト:仲野泰生(なかのやすお 川崎市岡本太 郎美術館学芸員)
  • 3月6日(土) 17:00〜19:00 ギャラリイKにて
  • 要予約 03-3563-4578 galleryk@nifty.com
  • *詳細

<2010年1月5日更新>

2010年より、ギャラリイKの開廊時間は、 11時30分〜となります。

新しい営業時間は以下のとおりです。

  • 月〜金 11:30 〜 19:00
  • 土曜・最終日 11:30 〜 17:00
  • 日曜休み

<2009年10月2日更新>

「表現される現在2009 ゼロイスト宣言」10月26日(月)〜11月7日(土) 
関連イベントのお知らせ

★ Event & Party
トークセッション「ゼロイストとは何か」

11月3日(火・祝) 17:00〜19:00 
ゲスト:斎藤史門(美術作家)千石英世(文芸批評家)
司会:葉緑素為吉
入場無料

ぜひ、お楽しみください。

*詳細

<2009年8月8日更新>

「田中浩一展 - 魔都2009 -」8月17日(月)〜22日(土)
関連イベントのお知らせ

★トークセッション 能勢伊勢雄 x 田中浩一

8月17日(月) 17:30〜18:30 
ギャラリイK 田中浩一展会場にて 入場無料

能勢伊勢雄(のせいせお)氏は、1947年生まれ。映画、写真、展覧会企画、編集、著作、ライヴハウス運営など60年代後半から現在にいたるまで様々なジャンルを横断しつつ先鋭的な方法で表現活動を続けています。現在「ISIS編集学校」師。「岡山遊会」主宰。
田中浩一(たなかこういち)氏は、1955年生まれ。「ロックマガジン」誌編集など音楽評論を経て、86年から画家としての活動を開始。現代の都市文明にくみこまれた人間の精神、身体の叫びを、独特の表現主義によって描き出しています。
お二人の対話をぜひ、お聞き下さい。

<2009年8月8日更新>

夏期休廊のお知らせ
8月9日〜16日ギャラリイKはお休みします。

<2009年6月30日更新>

「画廊からの発言・新世代への視点2009」開催のお知らせです

★ 新世代への視点2009 加藤 崇 展 (かとうたかし 写真/映像)
2009年 7月27日(月)〜8月8日(土) 2日(日)休み
11:30〜19:00(最終日は17:00まで)

銀座・京橋の12画廊が構成する「東京現代美術画廊会議」は、毎年夏に各画廊 が優れた新人作家を紹介する「新世代への視点」を開催しています。
今回ギャラリイKが紹介する作家、加藤崇は自分の身体と日常の様々なものとが触れる行為を単純な形式を保ちながら延々とくり返し、その姿を写真や映像という平面世界の幻影の中に閉じ込めます。
ここち良いのか、悪いのか、苦しんでいるのか、癒されているのか・・・不思議な有り様の数々をぜひ、ご覧ください。
また、本会期中に会場にて演奏会も行われます。加藤作品とヴィオラの独奏、刺激的な出会いをぜひ、ご体験ください。

★ 関連企画・演奏会
ヴィオラ独奏:島岡万理子(しまおかまりこ)
7月31日(金)午後3時〜 ギャラリイK「加藤 崇展」会場にて
協力:トリトン・アーツ・ネットワーク
入場無料

★「新世代への視点2009」詳細は以下をごらんください。
http://www.galleryq.info/news/news_newgeneration09.html

<2009年4月20日更新>

内海信彦展、ならびにイベント開催のお知らせです

★内海信彦展 Innerscape series : Multiverse2009
2009年 5月18日(月)〜30日(土) 24日(日)休み
11:00〜19:00 
23日(土) 展覧会は午後2時まで / 2時〜5時 ライヴイベント 
30日(土) 午後5時まで

★ライヴ 
対談 : 毛利嘉孝 + 内海信彦 演奏 : 内田 輝
5月23日(土) 14:00〜17:00
内海信彦個展会場にて 入場:500円 定員50名
要予約:ギャラリイKまで 03-3563-4578 galleryk@nifty.com

*詳細

<2009年1月3日更新>

2009年 1月12日〜3月14日
<ギャラリイK企画 『知性の触覚2009それぞれの他者』>
を開催します。

★関連企画
ギャラリイKトーク『2009それぞれの他者』を開催します。
パネリスト: 山本和弘(やまもとかずひろ 美術批評家 栃木県立美術館シニア・キュレーター)
3月7日(土) 17:00〜19:00 ギャラリイKにて 
参加費¥500 要予約 03-3563-4578 galleryk@nifty.com

*詳細

<2008年11月28日>

8月18日〜23日に開催された「田中浩一展 −魔都−」の宮田徹也氏による展評を<columns>に掲載しました。

<2008年9月21日更新>

今日の反核反戦展2008

9月13日(土)〜10月25日(土)

原爆の図丸木美術館
埼玉県東松山市下唐子1401 0493-22-3266
9:00〜17:00  休館:月曜日(祝日の場合は翌平日)
入館料:大人900円 中高生600円小学生400円

アクセス等、美術館案内は以下をご覧ください。
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/

★いま、原爆の図丸木美術館では、針生一郎氏の企画により
「今日の反戦反核展2008」が開催されています。

企画詳細は以下をご覧ください。
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/kikaku/2008/hansen/hansen.htm

★また、本展覧会では
昨年末にギャラリイKで個展を開催したインドネシアの作家イスワント・ハルトノ氏が特別展示を行っています。

Iswanto Hartono " VOID "

イスワント・ハルトノはインドネシアの若手美術作家です。
これまでジャカルタを中心に世界各国で活動し、石油資本を扱った作品や、実物大ステルス戦闘機の模型によるインスタレーションなど、世界政治と戦争の問題を様々な手法によって作品化してきましたが、昨年12月に初めて日本での個展(ギャラリイK/東京)を行いました。
その内容は「靖国神社」をテーマとするインスタレーションで、展覧会前に東京で行った日本人へのインタビュー、太平洋戦争の記録写真をデジタルプリントしたカーテン、香水の香り、クリスタルビーズで作られた旭日旗などを、リヴィング・ルームをイメージした空間の中に構成しました。
イスワント氏の目的は「靖国」の政治的な是非を論ずることではなく、現代社会の中にいやおうなく組み込まれている過去の歴史、政治が私たちの日々の生活、意識にどのような影響を与えてきているのか、社会学的、心理学的な関心を持って迫ろうとしています。
ギャラリイKでの( 展示の記録はこちらをご覧ください → http://www.phofa.net/column/uruno/ )そして今回、戦争の問題について重要な役割を担う丸木美術館での展示に参加することに、イスワント氏は非常な敬意と意欲を持ってとりくみ、私たちとともに戦争について考えるという姿勢を、大胆かつ鮮烈な作品によって示しています。

是非ご覧ください!

<2008年8月17日更新>

★★★ギャラリイK / アトランティコギャラリー共催★★★

『塩津淳司 空想エクスタシー』を開催いたします。

8月25日(月)〜9月6日(土) 31日(日)休み

会場:Gallery K, アトランティコギャラリー
詳細
塩津淳司

<2008年7月28日更新>

★★★東京現代美術画廊会議企画展★★★

『新世代への視点2008 菅野泰史展』を開催いたします。

7月28日(月)〜8月9日(土) 3日(日)休み

会場:Gallery K

★★★関連イベント★★★

新世代への視点'08・シンポジウム
『来るべきアートのかたち:グローバル化する世界とローカルな実践のはざまで』

7月30日(水) 17:30〜20:00

 

パネリスト:毛利嘉孝(もうりよしたか 社会学者)、白川昌生(しらかわよしお 美術家)、大巻伸嗣(おおまきしんじ 美術家)

会場:京橋プラザ区民館2階
〒104-0061東京都中央区銀座1-25-3 東京メトロ銀座線・京橋駅より徒歩5分
入場無料 申込不要

*詳細

<2008年6月25日更新>

★★★ギャラリイ企画グループ展★★★

『日本コラージュ2008』を開催いたします。

Part 1 7月7日(月)〜12日(土)

Part 2 7月14日(月)〜19日(土)

 

★★★関連イベント★★★

『Gallery LiVE & TALK』

 

7月12日(土)15:00〜17:30

ゲスト 内田輝(サックス奏者)+ 内海信彦(美術作家)+ 鈴木謙介(社会学者)

会場:Gallery K
お問い合わせ:Tel/Fax.03-3563-4578 galleryk@nifty.com
交通:東京メトロ銀座線・京橋2番出口より徒歩3分
  都営浅草線・宝町3番出口より徒歩1分

*詳細

<2008年3月31日>

linksのページに作家、中津川浩章氏のホームページを追加しました。

<2008年1月1日更新>

2008年 1月7日〜3月8日
<ギャラリイK企画 『知性の触覚2008それぞれの他者』>
を開催します。

★関連企画
ギャラリイKトーク『2008それぞれの他者』を開催します。
パネリスト: 毛利嘉孝(MOURI Yoshitaka 社会学者, 東京藝術大学准教授)
3月1日(土)17:00〜19:00 ギャラリイKにて
参加費¥500 要予約

*詳細

<2007年12月10日>

links のページを更新しました。

<2007年11月26日>

ギャラリイK企画展のお知らせ

イスワント・ハルトノ展 (*画像)
iswanto hartono exhibition
" MELLOW "

2007年 12月17日(月) 〜 26日(水) 日曜休み
11:00-19:00(最終日のみ-17:00)入場無料

イスワント・ハルトノ(iswanto hartono)氏はインドネシアの若手美術作家です。これまでジャカルタを中心に活動しながらアメリカ、韓国、ニュージーランド、インドでの発表がありますが、このほどギャラリイKにて、日本での初個展を開催することになりました。

内容は「靖国神社」をテーマとするインスタレーションです。12月に東京に滞在して、様々な世代の日本人を対象として「靖国」についてビデオインタビュー行い、リヴィング・ルームをイメージした空間構成の中で上映するというものです。

イスワント氏は、これまで「石油」の問題を扱った作品や、実物大ステルス戦闘機の模型によるインスタレーションなど、世界政治と戦争の問題を様々な手法によって作品化してきましたが、今回、東アジアの人びとにとって決して避けてとおれない日本の戦争の歴史、その思想的背景としての「靖国」をとりあげます。イスワント氏の目的は、「靖国」の政治的な是非を主張することではなく、現代社会の中にいやおうなく組み込まれている過去の歴史、政治が私たちの日々の生活、意識にどのような影響を与えてきているのか、社会学的、心理学的な関心を持って迫ろうとしています。

<2007年11月26日>

ギャラリイK企画展のお知らせ

高島大理展(*画像)
TAKASHIMA Dairi exhibition

2007年 12月3日(月) 〜 8日(土) 11:00-19:00(最終日のみ-17:00)入場無料

高島大理氏は主に日本画の技法による絵画作品、あるいは本の形式による作品などによってその世界観、自然観、人間観を表現している作家です。宇宙、歴史、社会という大きなものを捉える感覚と思想を根本にすえつつ、現代に生きる人々の日常生活のリアリティー、企業人としての闘いの苦悩や家族への愛情など、自らの実生活を題材にもとり、広い射程で描いています。言葉を積極的に用いることにおいて伝統的な日本の表現形式を活かし、またシリアスさの反面でみせるユーモア、諧謔のセンスにも独特の味わいがあります。

2001年ギャラリイK企画「それぞれの他者」での紹介をはじめ、 2003年には『岡本太郎記念現代芸術大賞2003』入賞、 『キリンアートアワード2003』入賞と、実力を評価されています。

「私は《芸道》という観点から常に制作しているつもりです。《芸道》とは自分の生を念頭に今をストレートに表現し、制作を通じて自己の昇華を計ることです。また精神性を重んじ、宇宙のシステム、流れに少しでも同化一体となる宇宙感であります。」高島大理

<2007年10月29日>

pick up artists のページを更新しました。

<2007年10月17日>

special exhibitions のページに「内海信彦展 - Autopoietic Multiverse -」を追加しました。
special exhibitions のページに「新世代への視点'06 - 塩津淳司展」を追加しました。
special exhibitions のページに「マドハット・カケイ展」を追加しました。
columns のページに堀切正人氏のコラムを追加しました。
columns のページに北川フラム氏のコラムを追加しました。
columns のページに千葉成夫氏のコラムを追加しました。

<2007年10月10日>

special exhibitions のページに「知性の触覚2005それぞれの他者」を追加しました。
special exhibitions のページに「知性の触覚2006それぞれの他者」を追加しました。
special exhibitions のページに「知性の触覚2007それぞれの他者」を追加しました。
about Gallery K のページに見取り図を掲載しました。

<2007年5月13日>

移転のお知らせ

ギャラリイKは、2007年7月2日(月)に下記住所に移転しました。

〒104-0031東京都中央区京橋3-9-7
京橋ポイントビル4F
Tel/Fax.03-3563-4578
galleryk@nifty.com

新しい空間にぜひご期待ください。
2007年秋以降の展覧会予約受付中です。

1週間¥270,000
(税込み¥283,500 現在と同じです)

<2007年4月8日>

ギャラリイK企画展のお知らせ

「マドハット・カケイ展」
Madhat Kakei Exhibition
4月23日(月) 〜 5月2日(水)  29日(日) 休み
11:00〜19:00(土曜日、最終日は17:00まで)

マドハット・カケイ氏は1954年イラク生まれのクルド人。イラン・イラク戦争時にスウェーデンに亡命し、ヨーロッパ各地、アメリカ、日本、そして生地のクルディスタンを巡りながら絵画の発表を続けています。
ギャラリイKでは'98年、'02年に続き5年ぶり3度目の個展です。
アクリル絵具を幾度となく塗り重ねてつくりだす重厚な色面は、欧米の抽象絵画とは異なる独特の精神性をたたえています。 ぜひ、ご覧ください。

<2007年3月12日>

展評「西村のんき展」 投稿:金子祐介

1月8日〜17日に開催されたギャラリイK企画「知性の触覚2007それぞれの他者・西村のんき展」の展評を<columns>に掲載しました。

<2007年1月7日>

2007年 1月8日〜3月10日
<『知性の触覚2007それぞれの他者』 ギャラリイK企画・推薦作家展6人60日>
を開催します。

★関連企画
ギャラリイKトーク『2007それぞれの他者』を開催します。
今回の各作品を振り返りながらゲスト、作家、観客のみなさんの間で語り合います。
3月3日(土)午後5時〜7時 会場:ギャラリイK
パネリスト:千葉成夫(ちばしげお 美術批評家)
参加費¥500 定員50名 要予約 03-3563-4578 ギャラリイKまで

*詳細

<2006年11月11日>

大巻伸嗣 Shinji Ohmaki
ソウル滞在制作・展示

ギャラリイKから『それぞれの他者』『新世代への視点』などの企画展で紹介し、昨 年の資生堂ギャラリー、東京画廊での個展や、今春ドイツ・ルートヴィッヒフォーラ ムでのグループ展『GLOBAL PLAYERS』などで活躍している作家、大巻伸嗣氏が、10 月15日から12月30日まで、韓国ソウルのSSAMZIE SPACE のレジデンスに、トウキョー ワンダーサイト第一弾交換アーティストとして参加しています。

ヒュンダイデパートクリスマスデコレーション ソウルのヒュンダイデパート、アプクジョン店(本店)、ミーヤ店、貿易センター店 の3店舗でクリスマスデコレーションを大巻伸嗣氏が制作中です。ビル全体の外観を 変える大掛かりなもので、11月15日ごろに完成、12月末まで展示される予定です。

オープンスタジオ 12月22日

<2006年7月28日更新>

★企画展のお知らせ

東京現代美術画廊会議企画
<画廊からの発言 新世代への視点2006>

ギャラリイK
「塩津淳司展」
SHIOTSU, Junji exhibition

8月5日まで 日曜日休み
  11:30〜19:00 最終日〜17:00

詳しくは以下をご覧下さい。
http://www.mercury.sannet.ne.jp/galleryq/galleries/galleries.html

<2006年4月22日更新>

★アーティスト・トークのお知らせです。

内海信彦「宇宙・大地・人間」

5月5日(金)午後2時〜4時30分

ギャラリイK企画「内海信彦展」会場にて
予約不要。カンパ\1,000お願いします。ドリンク付きです。

<2005年12月24日更新>

2006年1月16日〜3月25日
<『知性の触覚2006それぞれの他者』 ギャラリイK企画・推薦作家展6人60日>
を開催します。

★関連企画 ギャラリイKトーク『2006それぞれの他者』を開催します。
今回の各作品を振り返りながらゲスト、作家、観客のみなさんの間で語り合います。
3月11日(土)午後5時〜7時 会場:ギャラリイK
パネリスト:北川フラム(アートディレクター)
参加費¥500 定員50名 要予約 03-3563-4578 ギャラリイKまで

*詳細

<2005年7月4日更新>

"グローバル・プレイヤーズ"日本とドイツの現代アーティスト

ギャラリイKが参加する
横浜トリエンナーレ関連企画のお知らせです。
以下のサイトをご覧下さい。
http://www.mercury.sannet.ne.jp/galleryq/deutsche/

<2005年7月4日更新>

special exhibitions のページに「知性の触覚2004それぞれの他者」を追加しました。
special exhibitions のページに「大巻伸嗣展 MUGEN - field -」を追加しました。
columns のページに内海信彦氏のコラムを追加しました。

<2005年1月12日更新>

2005年 1月17日〜3月19日
<『知性の触覚2005それぞれの他者』 ギャラリイK企画・推薦作家展6人60日>
を開催します。

★関連企画
ギャラリイKトーク『2005それぞれの他者』を開催します。
今回の各作品を振り返りながらゲスト、作家、観客のみなさんの間で語り合います。
3月12日(土)午後5時〜7時 会場:ギャラリイK
パネリスト:堀切正人
参加費¥500 定員50名 要予約 03-3563-4578 ギャラリイKまで

*詳細

<2004年12月15日更新>

−お詫びと訂正−

美術情報誌「etc.」12月・1月合併号において画廊からの情報提供に誤りがありました。
ギャラリイK「いしだゆきひろ展」の会期は正しくは、12月20日(月)〜25日(土)です。
また、25日をもってギャラリイK2004年の予定は終了です。
ご迷惑をおかけした皆様にお詫びするとともに訂正いたします。

<2004年5月5日更新>

2004年 5月24日〜6月5日
<ギャラリイK企画グループ展 「日本コラージュ16景」>
が開催されます。

--関連イヴェント--

★「ディスカッション・日本コラージュ」
6月4日(金)午後7時より 参加無料 要予約
パネリスト:仲野泰生(ゲスト・岡本太郎美術館)、中津川浩章(出品作家)

 

★「ワラッテイイトモ、」上映会
2003年のキリンアートアワードで特別賞を受賞したK.K.氏作品
「ワラッテイイトモ、」オリジナルヴァージョンを本展覧会場にて上映します。

5月29日(土)/6月5日(土)午後5時より(上映時間約45分)
観覧無料 要予約

予約/お問い合わせはギャラリイKまで 03-3563-4578 galleryk@nifty.com

*詳細

<2004年1月5日更新>

2004年 1月12日〜3月13日
<『知性の触覚2004それぞれの他者』 ギャラリイK企画・推薦作家展6人60日>
を開催します。

★関連企画
ギャラリイKトーク『2004それぞれの他者』を開催します。
今回の各作品を振り返りながらゲスト、作家、観客のみなさんの間で語り合います。
3月6日(土)5時〜7時 会場:ギャラリイK
パネリスト:内海信彦
参加費¥500 定員50名 要予約 03-3563-4578 ギャラリイKまで

*詳細

<2003年9月29日更新>

columns のページに小林康夫氏のコラムを追加しました。

<2003年9月29日更新>

pick up artists のページに大川祐氏、小磯裕司氏、和野哲也氏を追加、弘田一成氏の作品の画像を更新しました。

<2003年9月14日更新>

special exhibitions のページに「知性の触覚2003それぞれの他者」を追加しました。

<2003年1月5日更新>

2003年1月6日〜3月8日
<『知性の触覚2003それぞれの他者』 ギャラリイK企画・推薦作家展6人60日>
を開催します。

★関連企画
ギャラリイKトーク『2003それぞれの他者』を開催します。
今回の各作品を振り返りながらゲスト、作家、観客のみなさんの間で語り合います。
3月1日(土)午後5時〜7時 会場:ギャラリイK
パネリスト:小林康夫
参加費¥500 定員50名 要予約 03-3563-4578 ギャラリイKまで

*詳細

<2002年11月6日更新>

ギャラリイKの企画によるグループ展「モノクローム」をPart1(12月2日〜7日)、Part2(12月9日〜14日)の2週間に渡って開催します。 

<2002年9月16日更新>

pick up artists のページに菊池いくヲ氏、中村哲也氏、米良靖道氏を追加しました。

<2002年6月29日更新>

about Gallery K のページを変更しました。コメント、沿革、画廊の見取り図を追加しています。

<2002年6月10日更新>

ギャラリイKのホームページをオープンしました。

Copyright(C)2002-2017 [ Gallery K ] All rights reserved.