***********************************************************************
★内海信彦展
UTSUMI Nobuhiko exhibition
「 Innerscape series : Multiverse2009 」
***********************************************************************

5月18日(月)〜30日(土)  24日(日)休み
11:00〜19:00
23日(土)展覧会〜14:00/ライヴ14:00〜17:00
30日(土) 〜17:00
展覧会:入場無料  ライヴのみ:500円(要予約:ギャラリイKまで 03-3563-4578 galleryk@nifty.com)


内海信彦は1985年以来、宇宙、生命、人間社会を貫く根源的なエネルギーをテーマに制作、発表を続け、内外での個展はすでに60回を超えました。


「内景」あるいは「内観」を意味する“Innerscape”と題されたその作品シリーズは、宇宙創成から自然の総体に貫かれてきた自己組織化をテーマとした『自己創生する宇宙』『形態形成』などのシリーズ、90年代以降の海外での制作滞在をテーマとした『アウシュヴィッツ』『ペルー』などのシリーズに結実しています。


近年では、多元化する宇宙をテーマに“Multiverse”シリーズに取り組み、今回はその新作を発表します。また内海は2000年にアウシュヴィッツで死者のためのレクイエムとしてライブペインティングを行っていますが、昨年アウシュヴィッツを再訪し、再び20世紀のレクイエムをテーマに5メートル近い大作を制作しました。今回はあわせて「アウシュヴィッツ」シリーズとして出品されます。

★★★★★ ライヴ ★★★★★

対談 : 毛利嘉孝 + 内海信彦

もうりよしたか 社会学者、東京藝術大学准教授 
主著『文化=政治 グローバリゼーション時代の空間の叛乱』 2003せりか書房『ポピュラー音楽と資本主義』 2007月曜社]

演奏 : 内田 輝

うちだあきら ジャズ(ソプラノサックス)演奏家

  • 5月23日(土)14:00〜17:00
  • 内海信彦個展会場にて 入場:500円 定員50名
  • 要予約:ギャラリイKまで 03-3563-4578 galleryk@nifty.com

社会学者の毛利嘉孝氏は、芸術を含めた「文化」全般を、社会に対する働きかけ、すなわち広い意味での「政治」として捉え、美術、音楽など様々な表現行為が、現代世界の現実、なかでも反グローヴァリゼーションなどの政治的なデモンストレーションにどうかかわっているのか、自らもその現場に参加しながら実証的に論じ、また「北九州国際ビエンナーレ'07」などの企画も行っています。

一方の内海信彦氏も美術家であると同時に、かつては社会評論誌の編集者をつとめ、現在も様々な講演、対談などによって現代の文明に対する批評活動をさかんに行っています。

両氏の経験と現在を見つめる批評精神がどうクロスするか、ご期待ください。

そのお二人の対談のオープニングには、若手ジャズ奏者、内田輝氏が、ソプラノサックスの独奏を行います。内海信彦作品の渦巻くエネルギーと音楽の融合を、ぜひお楽しみ下さい。

Copyright(C)2002-2017 [ Gallery K ] All rights reserved.