【ギャラリイ K について】

ギャラリイKは現代美術表現の自由と主体性を活かすための拠点です。 画廊による独自の企画展とともに、作家によるレンタル展示という自主的形態を重視しています。
同時代に生きる個々人が造形表現を通して出会う公共的空間は是非とも必要であり、またそこでのみ味わえる面白さ、醍醐味があります。常に創造への意欲にあふれ、社会、世界、人間についての新しい美意識が刺激しあう、インタラクティヴな場であり続けたいと思います。

画廊の使用などお問い合わせは下記までお願いいたします。
Tel/Fax : 03-3563-4578
e-mail : galleryk@nifty.com

画廊内観画像

画廊内観画像

(内山翔二郎展 2013)

画廊内観画像

(松井雅世展 2012)

画廊内観画像

(宮本梨衣展 2013)

見取り図

ギャラリイK見取り図

沿革

2007. 7
「日本コラージュ2007」において
仲野泰生、門田秀雄の両氏によるトークを開催
2007. 7
銀座での開業から22年を経て、現住所(京橋)に移転
2007. 1
98年開始の企画展「それぞれの他者」が第10回を迎える
2002年以降のゲストは、堀浩哉、小林康夫、内海信彦、堀切正人、北川フラム、千葉成夫の各氏
2006. 11
北川フラム氏を招いて「大地の芸術祭2006報告会」を開催
2005. 9
日独交流企画展『GLOBAL PLAYERS』に参加
ギャラリイKでは「Heidi Specker」展を開催し、ドイツ、ルートヴィヒ・フォーラムにて大巻伸嗣を紹介
2004. 5
グループ展企画「日本コラージュ14景」開始 
"日本とは何か"をテーマに以後毎年開催
2003. 12
チャリティ・グループ展「タイランドの子供たちに本をとどけたい」開催
タイにおける教育支援のNPOに作品売上げを寄付
2000. 5
「2000・日本・25人」"日本"をテーマにしたグループ展企画において
1999. 10
セゾン・アート・プログラム企画「アートイング東京」に参加 2000年も参加
1999. 7
推薦作家展「真夏の"世"の夢」ゲスト名古屋覚氏
1998. 1
ギャラリイK推薦作家展「それぞれの他者」を開始。ゲストに長谷川祐子、椹木野衣、黒沢伸、名古屋覚、彦坂尚嘉の各氏を招いて毎年開催
1997. 1
「50+2」展 針生一郎氏をゲストに戦後社会をテーマにした美術展
1996. 1
「チェルノブイリ・10年」展  支援団体の協力により、写真と絵画を展示
1995. 8
「アート・アンド・デイケア」展 精神医療の現場であるデイケアセンターとのコラボレーション
以後、98年まで毎年開催
1995. 1
「旧ユーゴ・難民の子供たちと絵」展開催  支援活動も
1993. 8
東京現代美術画廊会議企画「新世代への視点」参加 以後、'94、95、97より隔年開催
中山ダイスケらを紹介
1993. 6
広報誌「K」の発行開始
1985. 1
現在の銀座スペースに移転
1981. 10
現代美術の研究会を母体に、共同出資によりギャラリイK創立、当時は赤坂。
オープニング企画は岡本謙次郎コレクション展、以後、関根伸夫、榎倉康二、川俣正などの企画展

Copyright(C)2002-2017 [ Gallery K ] All rights reserved.