***********************************************************************
★2010年 1月11日〜3月13日
ギャラリイK推薦作家展
「知性の触覚2010それぞれの他者」
TANGIBLE INTELLIGENCE of RESPECTIVE STRANGERS:2010
***********************************************************************

ギャラリイK企画『それぞれの他者』は、画廊がセレ クトした6人の作家を一人9日間ずつの個展によってご 紹介します。1998年以来毎年開催、新鮮な才能に出会 う場として好評を得、この企画をきっかけとして多くの作家が活躍の場を広げています。


毎回気鋭の美術評論家や学芸員、作家などをゲストに むかえ、これからの美術に対する展望をカタログに寄 稿していただき、またトークのパネリストをしていただいています。これまでに長谷川祐子、椹木野衣、黒沢伸、彦坂尚嘉、堀浩哉、小林康夫、内海信彦、堀切 正人、北川フラム、千葉成夫、毛利嘉孝、山本和弘の 各氏が参加しました。


第13回目となる今回のゲストは、川崎市岡本太郎美術 館学芸員の、仲野泰生(なかのやすお)さんです。
1955年東京都生まれ。横浜国立大学教育学研究科美術教育専攻美術専修修了。先鋭的な現代美術の公募展“太郎賞”で知られる川崎市岡本太郎美術館、その準備室時代から運営に従事し、数々の展覧会を企画、また岡本太郎とそれを巡る芸術活動、その時代について精力的な調査と研究を重ねてこられました。


[主な展覧会企画]
1999年「多面体・岡本太郎−哄笑するダイナミズム」 川崎市岡本太郎美術館  2001年「小沢剛*中山ダイ スケ クロスカウンター展」川崎市岡本太郎美術館  2004年「岡本太郎・メキシコへのまなざし」川崎市岡本太郎美術館  2007年「劇団唐ゼミ☆第12回公演『鐵 仮面』」川崎市民ミュージアム、など。


[主な著書]
『美術鑑賞宣言』(共著、日本文京出版、2003年) 『ミュージアムと生涯学習』(共著、武蔵野美術大学 出版局、2008年)、など。


各個展では今年も6人の作家たちが、時代、社会の大きな変化にさらされながらも、自由な感覚と方法をもって、それぞれの表現を展開します。どのような世界を見せてくれるか、ぜひご注目下さい。

★★★★★ 各作家個展 ★★★★★

H.K Eichi Kei
1月11日(月)〜 1月20日(水)


武 田 歩 Takeda Ayumu
1月21日(木) 〜 1月30日(土)


澤口智一 Sawaguchi Tomokazu
2月1日(月) 〜 10日(水)


高野えゐみ Takano Eyimi
2月11日(木) 〜 2月20日(土)


小野養豚ん Ono Yotonn
2月22日(月) 〜 3月3日(水)


牛田美希 Ushida Miki
3月4日(木)〜 3月13日(土)

  • 開場時間11:30-19:00 (土曜、最終日〜17:00)
  • 日曜 休み

★★★★★ 関連企画 ★★★★★

ギャラリイKトーク『2010それぞれの他者』

  • パネリスト: 仲野泰生(なかのやすお 川崎市岡本 太郎美術館学芸員)
  • 3月6日(土) 17:00〜19:00 ギャラリイKにて
  • 参加費¥500 要予約
  • ご予約、お問い合わせは 03-3563-4578 galleryk@nifty.com ギャラリイKまで

Copyright(C)2002-2017 [ Gallery K ] All rights reserved.