***********************************************************************
★内海信彦展
UTSUMI Nobuhiko exhibition
「 Innerscape series : Multiverse2010 」
***********************************************************************

2010年 4月5日(月)〜17日  11日(日)休み
11:30〜19:00
10日(土)は17:00まで
17日(土)は展覧会は13:00まで/有料ライヴイベント 13:00〜17: 00
展覧会:入場無料  ライヴのみ:有料(下記参照)


内海の絵画に繰り広げられる様々な現象には、物理的自然、生命現象、そして人間の精神と社会をも生み出すこの世界の「必然」が顔をのぞかせています。
「内景」あるいは「内観」を意味する“Innerscape”と題されたその作品は、宇宙創成から自然の総体に貫かれてきた自己組織化をテーマとした『自己創生する宇宙』『形態形成』などのシリーズ、90年代以降の海外での制作滞在をテーマとした『アウシュヴィッツ』 『ペルー』などのシリーズを経て、近年では多元化する宇宙をテーマに“Multiverse”シリーズを展開、前回2009年の個展では、アウシュヴィッツを再訪を期に再び20世紀のレクイエムをテーマとした大作を発表しました。
今回のギャラリイK個展では、意識、身体、物質がダイナミックに作用しあうフィールドとしての絵画が、我々の「内宇宙」を視覚化するインスタレーションとして構成されます。

★★★★★ ライヴ ★★★★★

対談:「東大に芸術学部がないのは、なぜ?」

御厨貴(みくりやたかし 東京大学教授 政治学 者) + 内海信彦(うつみのぶひこ 美術作家)

演奏:内田 輝(ソプラノサックス) + かみむら泰 一(テナーサックス)

  • 4月17日(土) 13:00〜17:00 内海信彦展会場にて
  • 入場料:一般¥1,500 大学生 ¥1,000 高校生¥800
  • 定員50名
  • 要予約:ギャラリイKまで 03-3563-4578 galleryk@nifty.com

TBSテレビ「時事放談」などでも皆様ご存知、政治学者の御厨貴(みくりやたかし)さん。政治家と直接対話する「オーラルヒストリー」という手法を駆使して政権交代に揺れる現代日本の政治状況を縦横無尽に論じています。
東京大学教授でもあるその御厨氏に「東大にはなぜ、芸術学部がないのだろうか?」という問いによって挑むのが、美術作家の内海信彦氏。
「University」という言葉はあっても、なぜか「芸術大学」「美術大学」と「普通の大学」とが別々で当たり前になってしまっている日本の文化・教育の問題点を、お二人の舌鋒が鋭く解き明かします。
果たして日本の“最高学府”に芸術学部ができる日は来るのか・・・ ぜひ、ご期待下さい!
また、ジャズとクラシックを横断しながら新しい音世界を探求する新々気鋭の演奏家、内田輝、かみむら泰一のサックス・デュオも登場。内海信彦作品と融合するスリリングなライヴ演奏を、合わせてお楽しみ下さい!

Copyright(C)2002-2017 [ Gallery K ] All rights reserved.